簡単にワードプレスに目次を入れるプラグイン

今回はワードプレスでプラグインを使った目次の使い方を紹介していきます。

 

説明通りにやっていけば誰でもできる簡単なやり方なので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

また、今回紹介するプラグインを使用すると、下のような目次を作ることができます。

 

 

目次を作ることによって得られるメリット

なぜ目次を作った方が良いのかについて、少しだけ紹介します。

 

最初のメリットとして、もちろんですがサイトを訪問してくれた読者さんに、このページに何が書かれてあるかを紹介することができます。

 

また、その目次をクリックするとその目次の場所までスクロールされますので、ユーザビリティが高まります。

 

そして、ユーザビリティが高まれば、その分サイトの評価も高まり、SEO対策にもなります。

 

目次を作ることによって、内部リンクも生成されますので、こちらでもSEO対策ができるようになります。

 

 

目次を作るプラグイン(Table of Contents Plus)をインストールしよう

ではさっそく目次を作るプラグインをインストールしましょう。

 

今回紹介するプラグインはTable of Contents Plusというものです。

 

非常に操作が簡単ですので、とりあえずやってみてください。

 

 

まず、プラグインから「新規追加」をくりっくしてください。

 

 

すると、右上に検索窓が出てきますので、「Table of Contents Plus」と入力してください。

 

 

 

そうしますと、たくさんのプラグインが出てくると思いますが、その中から「Table of Contents Plus」を探して「今すぐインストール」をクリックしてください。

 

 

「Table of Contents Plus」はこのように、おそらく一番上に表示されていると思います。

 

 

インストールが完了しましたら、「有効化」をクリックします。

 

これで、まずインストールする段階は完了しました。

 

 

Table of Contents Plusの基本的な設定方法

ここから設定方法について紹介していきます。

 

まず、ダッシュボードの左側にあります「設定」の中の「TOC+」をクリックしてください。

 

ちなみに、TOC+はTable of Contents Plusの略です。

 

「TOC+」をクリックしましたら、次のような画面になります。

 

 

このような画面になりましたら、まず表示条件を2つ以上見出しがあるときに変更してください。

 

途中で3や4に変更しても良いですが、最初のうちは2に設定しておけば大丈夫です。

 

 

次に、初期設定では「post」と「page」にチェックが入っていると思いますが、「page」のチェックは外しておいてください。

 

「post」は通常の記事のことで、「page」は固定ページのことを指しています。

 

ですから。「page」に目次を設定してしまうとサイトマップなどにも目次が表示されてしまいますので、必ず外しましょう。

 

 

 

次はこのような項目があると思います。

 

ここは自分の好みで決めてもらっていいのですが、見てくれている人にわかりやすいようにしましょう。

 

 

「最初は目次を非表示」の欄に関してはチェックしないでください。

 

その他の欄はチェックを付けたままにしておいてください。

 

階層表示と番号不振りに関しては、<h4>タグや<h5>タグによって表示が変わります。

 

詳しいことは実験的に自分でやってみるのも良いですし、下の画像で確認してください。

 

 

 

これらの設定が終われば、最後は外観の設定です。

 

外観の設定はすべてデフォルトのままで問題ないです。

 

 

文字サイズについては、投稿する記事の文字サイズを100%としたときのサイズです。

 

これに関しても分からなければ初期設定の95%にしておきましょう。

 

 

以上で基本設定は完了です。

 

Table of Contents Plusの上級者向けの設定方法

上級者向けに関しても簡単ですので、最低限の設定だけしておきましょう。

 

基本的には初期設定のままでいいので、そのままにしておいてください。

 

 

まず設定してほしいポイントは見出しレベルです。

 

そこのh1とh2の部分のチェックについては外しておいてください。

 

またワードプレスのテーマによって設定が違うことがありますので、試しながら、変更してください。

 

おそらく、ほとんどは画像の通りにすればいいと思います。

 

 

除外したい見出しがある場合は説明通りにやってみてください。

 

(僕の場合は常に関連と共有が見出しに表示されてしまうのでこのように設定しています。)

 

この2つの項目以外は初期設定のままでいいので、これですべての作業が完了です。

 

まとめ

しっかりと記事を作っていく上で、さらにユーザビリティや、SEO対策をしていく上で目次は非常に活躍してくれますので、ぜひ設置してみましょう。

 

このプラグインを一度設定してしまえば、あとは自動で目次が表示されますのでおすすめです。

 

また、設定した目次は必ず1つ目の見出しの前に表示されるので、プレビューなどで確認してみてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は、19歳の時から起業して、ビジネスを始めました。

ビジネスを始めるまでは、何の夢も目標もないただの学生でした。
さらに、家に引きこもりがちで、完全にコミュ障でした。

しかし、ネットビジネスを始めて、人生が180度変わりました。

けれど、昔の僕は才能ゼロ、スキルゼロ、人脈ゼロでした。
まさに何もないところからの出発です。

そんな僕でもネットビジネスを始めて人生を変えることができました。

つまり、やるかやらないかなんです。

やればやるだけ自信がつきますし、やらなければ未だに夢も目標もない人だったと思います。

そんな僕のメルマガでは、初心者でもネットビジネスを始めて稼げるようになる方法を伝授していきます。

無料ですので、興味がある方はぜひ下記のリンクから、登録してみてください。

▽下の画像をクリックしてダウンロードできます。
⇒クリックして詳細を見る。

コメントを残す