ワードプレスの固定ページとは?

ワードプレスの固定ページについて、

 

「これいつ使うんだろ?」

 

というような疑問を抱いたことはありませんか?

 

しかし、分からないからと言って固定ページを全く使わないと大変なことになります。

 

ですので、この際に固定ページの使い方を理解して、今後のサイト作成に役立たせましょう。

 

固定ページの基本的な使い方について

固定ページとは簡単に言えば独立したページと言えます。

 

 

図にして表すとこのようになります。

 

通常の記事はすべてつながっていますが、固定ページに関してはつながっていません。

 

 

ですので、具体的な使い方としては、サイトマップやお問い合わせ、プロフィールなどに使われます。

 

また、固定ページでも用途によっては通常記事と同じように記事を作ることができます。

 

固定ページはSEOには影響が出ないので、文字数が少ない記事を作りたいときなどにも使うことができます。

 

 

固定ページと通常記事の大きな違いとは?

先ほども言いましたが、通常記事は他の記事とのつながりがあるのに対して、固定ページはつながりが無いということが大きな違いになります。

 

よって、固定ページには自分で設定しない限り、最新記事や関連記事が表示されません。

 

また、一般的な使い方として、読者さんに価値を提供する目的があるものは通常記事であるのに対して、固定ページはサイトの機能面を強化するために使います。

 

これも固定ページと通常記事の違いとなります。

 

 

通常記事は一般的に記事一覧に表示させることが多いですが、固定ページはグローバルメニューに表示させることが多いです。

 

(グローバルメニューとはトップページにある「トップ」「サイトマップ」「お問い合わせ」などがある欄のことです。)

 

 

固定ページを有効活用する方法とは?

せっかく固定ページが使えるのですから、有効活用しないともったいありません。

 

では固定ページを有効活用する方法について紹介していきます。

 

 

まず、固定ページでは例えば、商品購入者や会員限定のコンテンツをパスワードを付けて特典を配布することができます。

 

商品購入者や会員にメールか何かで固定ページのURLを送り、そこにパスワードも教えることで、簡単に購入者や会員限定のページを作ることができます。

 

そうすることで、特典の配布も簡単にすることができます。

 

 

また、固定ページを使ってトップページを固定させることも出来ます。

 

一般の設定では通常、最新記事がトップページに表示されます。

 

しかし、どうしてもサイト訪問者に見てほしいページがある場合は、固定ページを使うことによって常にトップページに見てほしいページを表示させることができます。

 

 

 

そのほかにも固定ページだけデザインを変えることも出来ます。

 

例えば、商品レビューやキラーページを作成したいときなどは1カラムのページにして、特別感を出すことも出来ます。

 

 

このように、固定ページを有効活用することによって、よりサイトを見やすくすることができます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は、19歳の時から起業して、ビジネスを始めました。

ビジネスを始めるまでは、何の夢も目標もないただの学生でした。
さらに、家に引きこもりがちで、完全にコミュ障でした。

しかし、ネットビジネスを始めて、人生が180度変わりました。

けれど、昔の僕は才能ゼロ、スキルゼロ、人脈ゼロでした。
まさに何もないところからの出発です。

そんな僕でもネットビジネスを始めて人生を変えることができました。

つまり、やるかやらないかなんです。

やればやるだけ自信がつきますし、やらなければ未だに夢も目標もない人だったと思います。

そんな僕のメルマガでは、初心者でもネットビジネスを始めて稼げるようになる方法を伝授していきます。

無料ですので、興味がある方はぜひ下記のリンクから、登録してみてください。

▽下の画像をクリックしてダウンロードできます。
⇒クリックして詳細を見る。

2 件のコメント

  • 初めまして青葉と申します。ブログ拝見させて頂きました。
    先日はブログへ遊びに来てくださってありがとうございました!
    そして、固定ページについてこんなに親切に
    分かりやすく書かれている記事は初めて見ました^^
    貴重な情報をありがとうございます。
    応援させて頂きますね!^^
    それではまた・・遊びに来させて頂きます!

    • 青葉さんこんにちは!

      ブログ見てくださってありがとうございます。

      そうやっていただけると非常に励みになります。

      では、またブログを見に来てくださいね!

  • コメントを残す