雇われの身から2か月で雇う側になってた話

こんにちは、たけやんです。

僕がネットビジネスを始めるちょっと前からネットで稼ぐということは、
していたんですが、今になって思うことがあったのでお話していきますね。

 

ネットビジネスを始める2か月前

僕が初めてネットでお金を稼ぐことできるということを知ったときでした。

それがクラウドソーシングという方法です。

クラウドソーシングとは、誰かが記事を書いてくださいー!と人を募集しているので、
僕やります!というように応募して、OKをもらうことができれば、
あとは、作業を開始して終われば報酬がもらえるというものです。

簡単に言えば、

「お金払うから誰か代わりに記事書いてー。」

といった、ネット上の単発バイトのような感じです。

言ってしまえば、僕が雇われの身という事実は変わりませんが。

 

最初は、正直こんなんでお金もらえるのかよ!とか思ってたわけですが、
案外簡単に入金されてて拍子抜けした覚えがあります。

大体1記事3500字以上書いて、800円程度の収入でした。

 

800円でしたが、そもそも稼げるかどうかも分からない状態での、
800円だったので、かなり興奮したのを覚えています。

 

「おぉー!入金されてるー!」

みたいな感じですね。笑

 

大学の授業中とかにガーっと書いた記事でお金が稼げたのは結構衝撃的でしたね。

 

今までは、アルバイトでしか稼げなかったのに、
ネットで稼げたことはかなりうれしかったですね。

もちろん、稼げたこともうれしかったのですが、
それ以上に、何か殻を破ったような感じだったんです。

 

こういった経験ってかなり貴重だと思います。

この経験が、のちのネットビジネスでかなり役に立ちました。

 

やっぱり、最初は未知の世界に足を踏み入れることはかなり勇気がいるのですが、
その勇気って最初だけなんですね。

この最初の勇気はどんなジャンルでも必要なんで、
もしネットビジネスで最初の一歩が出せない人は、
ぜひ最初の一歩を踏み出してほしいです。

 

それで、結局クラウドソーシングで稼いだのは、8000円程度でしたが、
それ以上に、記事を書く練習にもなったし、ネットで稼げるという確信にもなりました。

この成長はでかかったです。

 

もともとは、コミュ障で、自信もなかったのに、
一気に希望の光が見えましたね。

コミュ障のときって、コミュ障だってことすらも認められないんですよね。

認めてしまうと、だんだん辛くなってしまうから。

 

だから、どんどんコミュ障を隠そうとして、引きこもっていきます。

あぁ、もう今すぐにでも忘れ去りたいです。

 

こんなダメダメだった僕を変えるきっかけにもなったのが、
ネットビジネスを始める2か月前でしたね。

雇われているという事実は変わらないけど、
ネットでお金を稼ぐことはできたという状態です。

 

ネットで雇われる側から雇う側に

正直、はじめは信じられませんでした。

僕は、ネットビジネスを始めることによって、コミュ障から
かなり脱出できたのですが、最初は普通にブログを更新していました。

 

そんななか「外注化」という技を覚えるようになったんです。

ある教材を買って、「外注化」を学んだのですが、
それがたまたま、僕が初めてネットで稼いだクラウドソーシングだったのです。

 

「2か月前の自分はクラウドソーシングで雇われてたのに、
2か月後の自分は、クラウドソーシングで人を雇ってる!」

という、なんとも不思議な感覚になりました。

 

人を雇うこと自体は、マニュアル通りにやれば簡単にできてしまいます。

「こういった記事を書いてください。」

「初心者大歓迎です!」

「記事はこのように納品してください。」

といった文章を、コピペするだけです。

 

ほぼスキルゼロでも余裕でできてしまいました。

「こんな簡単だったのか!」

と。

 

でもですよ、

僕はまだ大学生なのに雇っていいのか!?
雇っても、うまく対処できる自信ない!
大学生が雇うなんて相手に申し訳ないなぁ。

とか思っていて、人を雇うことにかなり抵抗してしまいました。

 

先ほども言ったように、
やっぱり新しい世界に足を踏み入れるのは勇気がいります。

知らない世界は怖いです。

 

でも、やらないと自分は変われない。

 

もうやらないとダメと自分に言い聞かせて、
とりあえず、募集してみました。

 

勇気を出して、自分の知らない世界に飛び込んだわけですが、
結果的には、すぐにわかりましたね。

全然、怖い世界じゃないということを。

 

普通に募集したら、次の日には、
1人の人が、申し込んでくれました。

「えっ、早くない?
大丈夫なの?なんかの間違い?」

と、少々てんぱってしまいました。

でも、かなりうれしかったですね。

雇われの身から、雇う側に回った瞬間でしたね。

 

いやー、ほんとにやるかやらないかだけでした。

何をそんなに怖がってたんだって感じです。

 

あと、もう1つ感じたことは圧倒的なコスパの良さです。

僕は、1記事(1500字以上)を200円で応募しました。

たって200円ですよ。

 

ネットビジネスを始めたばかりなんて、
1500字書くのに、1時間以上かかっちゃうのに、
それを200円でやってくれるんです。

10記事書いてもらっても2000円です。

 

お金さえ払ってしまえば、あとは記事が出来上がるのを待つだけです。

以前は記事を書いていた時間を、勉強や仕組みづくりに時間を回すことができます。

この流れができれば、人はどんどん成長していきますし、
自然とお金も集まってきます。

最初はもちろん怖かったけど、勇気を出して雇ってみて本当に良かったなと思います。

 

これが、僕が2か月前は雇われの身だったのに、
2か月後には雇う側になってしまったという話です。

 

まとめ

まとめますと、人は誰でも変われます。

たとえ大学生だとしてもできることです。

しかも、僕が変わったのはたったの2か月です。

 

もし、人を雇うことができるということをもっと早く知っておけば、
もっと早く買われたと思います。

 

なぜ、そんな簡単に変わることができるのかというと、
ネットを使ったからなんです。

 

ネットがない時代だったら、僕は確実にコミュ障のまま、
自信もないどうしようもない人間だったかもしれません。

 

でも、今はネットがあります。

これを読んでくださっている方もやろうと思えばできます。

 

本当にやるかやらないかだけなんです。

僕はやってよかったと思いますし、
やらなかったら、やばかったなとも思います。

 

あとは、こうやって実際に自分が成長しているということを、
実感できるのはかなり楽しいです。

例えると、RPGのような感じです。

最初は、武器もないしレベルも低いですけど、
勉強してレベルを上げながら、人を雇うという武器を手に入れたという感覚です。

武器を手に入れることができれば、レベルもますます上がっていきます。

 

こうやって、成長を自分で実感できるというのも、
ネットビジネスをやっていてよかったと思う瞬間ですね。

 

このブログを読んでくださっている方には、

「Beginner’s Guidebook」

という、初心者がネットビジネスをやるときに、
まずやらなければいけないことをまとめたレポートを無料でプレゼントしています。

無料メルマガ登録をしてくださったら、
プレゼントいたしますので、読んで感想を送ってくださるとうれしいです。

↓ ↓ ↓ ↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は、19歳の時から起業して、ビジネスを始めました。

ビジネスを始めるまでは、何の夢も目標もないただの学生でした。
さらに、家に引きこもりがちで、完全にコミュ障でした。

しかし、ネットビジネスを始めて、人生が180度変わりました。

けれど、昔の僕は才能ゼロ、スキルゼロ、人脈ゼロでした。
まさに何もないところからの出発です。

そんな僕でもネットビジネスを始めて人生を変えることができました。

つまり、やるかやらないかなんです。

やればやるだけ自信がつきますし、やらなければ未だに夢も目標もない人だったと思います。

そんな僕のメルマガでは、初心者でもネットビジネスを始めて稼げるようになる方法を伝授していきます。

無料ですので、興味がある方はぜひ下記のリンクから、登録してみてください。

▽下の画像をクリックしてダウンロードできます。
⇒クリックして詳細を見る。

コメントを残す