学生で起業を夢見ることは悪いことなのか?

学生が起業をするというと、なぜか特別な才能が無いとできないと思っている人が多いです。

 

しかし、全くそんなことはありません。

 

逆に、一度は社会人になって社会のことを経験してから起業しようと考えているなら、やめたほうがいいです。

 

起業自体はぜひチャレンジしてほしいです。

 

僕がやめた方が良いと言っているのは、

 

「とりあえず社会人」

 

という発想です。

 

わざわざ社会人になるために、資格を取ったり、インターンシップに参加するのなら起業のために努力しましょう。

 

「学生だから」なんてことは考えなくて良いです。

 

ですから、まず挑戦することから逃げないでください。

 

せっかく起業という世界に足を踏み入れようとしているのですから。

 

 

学生起業家に勘違いしてほしくないこと

学生が起業に挑戦するということは全く悪いことではありません。

 

しかし、起業を勘違いして結局、

 

「就活もせずに起業もうまくいかない」

 

という最悪の状態にならないためにも、まずこれだけは理解しておきましょう。

 

起業という言葉だけで満足している

これは意外とよくいる「なんちゃって起業家」です。

 

 

「俺起業するんだ!」

 

と、周りの人に自慢げに話をしている人がいます。

 

確かに、学生で起業を目指している人はほとんどいません。

 

ですから、周りからすごいねと言われるかもしれません。

 

しかし、それで注目を集めても起業家全体から見たら超しょぼいですから、現状に満足するなということです。

 

その程度で満足するなら、その先に成長はありません。

 

ですから、周りの学生と比べるのではなくて、常に上を目指しましょう。

 

 

起業はアイディア勝負ではないということ

学生の間でもビジネスコンテストというものが存在します。

 

そのビジネスコンテストに出て起業家気分に浸りたいのかもしれませんが、はっきり言って時間の無駄です。

 

ビジネスコンテストの内容は、企業が提案したテーマについてビジネスプランを考えるというものです。

 

中には複数人で泊まり込みで行うものもあります。

 

しかし、ビジネス初心者が急に

 

「ビジネスプランを考えよう!」

 

なんて言われても無理です。

 

そして、ビジネスコンテストの結果がダメで、

 

「自分には起業なんか向いていないんだ」

 

と言って諦めます。

 

 

しかし、そうではないんです。

 

別に起業することには特別なアイディアが無くたっていいのです。

 

そもそも、初心者がいきなりビジネスプランを考えるなんて、料理をしたことが無い人にいきなり料理を作れと言っているのとほぼ同じなのです。

 

いきなり、ビジネスプランを考えるなんて高度なことをしなくてもいいのです。

 

ネットビジネスで起業をするなら、最初はブログを書くだけでいいのです。

 

そうやって、コツコツ基礎を固めていくのです。

 

料理だって、最初は包丁の持ち方から徐々に学んでいきます。

 

 

ですから、起業には特別なアイディアなんかではなくて、地道に基礎を固められる努力があればいいのです。

 

 

そもそも才能や人脈もいらない

先ほどは特別なアイディアは要らないと言いましたが、才能や人脈が無くても起業はできます。

 

地道に基礎を固めていけばいいのです。

 

また、基礎を学ぶ材料は、自分の目標の人にします。

 

こんな人になりたいという人のことを真似するのです。

 

この際、真似ることは徹底的に真似ることが大切です。

 

(いきなり、スティーブジョブズのようなことを真似しても無謀ですが、)

 

真似をしていけば、自然と自分の体にも身についてきて、起業できるようになります。

 

つまり、特別なスキルや才能もいらないし、1人でも起業はできるので、人脈もいりません。

 

ですから、自分で努力を続けていけば、学生でも起業が難しいことではないのです。

 

 

 

学生起業家に最低限守ってほしい4つのルール

借金は絶対にしてはいけない

これは絶対条件です。

 

わざわざ、何百万も借金して起業をするとあまりにもリスクが大きすぎます。

 

そんなことをしていいのは、お金に余裕があって、ビジネススキルが身についている人だけです。

 

無理に学生がリスクを冒してまですることではありません。

 

 

もし、飲食店などの店を持ちたいのであれば、まずお金のかからない起業の仕方をしましょう。

 

それで成功すれば、自分の店を持っても大丈夫です。

 

物事には必ず順序がありますので、そこは守らないといけません。

 

 

在庫を持たない

これも結果的には借金につながるのですが、やはり在庫を持つと売れ残った場合にすべて自分の赤字になってしまいます。

 

これも学生が起業をするにはリスクが大きいです。

 

また、大きな在庫を保管するスペースもないと思いますので、必ず売り上げも限界を迎えます。

 

ですから、リスクと伸びしろを管理するためにも、無在庫でできるビジネスで起業しましょう。

 

 

友達と協力して起業しない

これは一見良いようにも見えますが、友達と協力して起業しようとする大半は失敗します。

 

「自分たちならできる!」

 

と思っても、極力1人で始めましょう。

 

もし、どうしても協力して起業したいなら、まずは個人で知識をつける必要があります。

 

友達と協力して起業に関してはこちらを見て下さいね。

 

 

目標を明確に持つ

あなたは起業をして、その先の目標を明確に持っていますか?

 

 

 

目標を持たずに起業しようとすると、必ずどこかで挫折してしまいます。

 

1番やってはいけないことは、

 

「ネットビジネスは楽に稼げるらしいからやろう」

 

というパターンです。

 

こんな人は確実に稼げずに挫折します。

 

おそらく1円も稼げないでしょう。

 

 

ですから、必ず明確な目標を持つことが大切です。

 

ただし、あまりにも高すぎる目標はダメです。

 

いきなり、

 

「月収100万円!」

 

なんて目標を立ててしまうと、おそらく最初のギャップに挫折してしまいます。

 

ですから、最初は、

 

「半年間頑張って継続する」

 

「今のバイトを辞めれるくらい稼げるようになる」

 

というような目標設定からスタートしていくことをおすすめします。

 

 

学生が起業する理想的なビジネスモデルとは?

学生が起業するなら絶対にアフィリエイトです。

 

アフィリエイトは僕が先ほど言った、学生起業家に守って欲しい最低限のルールをしっかり満たしています。

 

 

また、なんちゃって起業家なんかではなく、しっかりと知識を身につけていけば、最終的に月収100万円も夢ではありません。

 

アフィリエイトを始めるには、ブログだけで良いです。

 

ブログを開設するためには2万円もあれば開設できます。

 

正直、ブログなどのネットを使ってビジネスをするとコスパが良すぎます。

 

非常に魅力的なので、もしアフィリエイトを使って起業したいのであれば、こちらを一度目を通して下さい。

 

 

まとめ

結論としましては、学生が起業してはいけない理由なんてありません。

 

そもそも、学生と起業してはいけないの2つに因果関係はありません。

 

もし起業を考えているのであれば、時間にも体力にも余裕のある学生のうちに始めましょう。

 

たとえ、失敗したとしても必ず自分の経験となって、新しい世界が見えると思いますよ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は、19歳の時から起業して、ビジネスを始めました。

ビジネスを始めるまでは、何の夢も目標もないただの学生でした。
さらに、家に引きこもりがちで、完全にコミュ障でした。

しかし、ネットビジネスを始めて、人生が180度変わりました。

けれど、昔の僕は才能ゼロ、スキルゼロ、人脈ゼロでした。
まさに何もないところからの出発です。

そんな僕でもネットビジネスを始めて人生を変えることができました。

つまり、やるかやらないかなんです。

やればやるだけ自信がつきますし、やらなければ未だに夢も目標もない人だったと思います。

そんな僕のメルマガでは、初心者でもネットビジネスを始めて稼げるようになる方法を伝授していきます。

無料ですので、興味がある方はぜひ下記のリンクから、登録してみてください。

▽下の画像をクリックしてダウンロードできます。
⇒クリックして詳細を見る。

1 個のコメント

  • コメントを残す