大学ぼっちでも起業すればどうにでもなる

こんにちは、たけやんです。

大学に入るまでは、大学が超楽しいと思ってた。

大学生=遊ぶことが仕事というレベルで。

けど、大学が思いのほか楽しくない、サークルとかも楽しくない。

友達も少なくて、一人で携帯をいじっている。

 

はい、これ以前の僕です。笑

 

けれど、僕は変わることができました。

大学以外で、自分がのめりこめるものを見つけたのです。

 

それが起業です。

ただ、起業って会社を立ち上げたりみたいなすごいことじゃないんです。

単純に、サイトを1つ作っただけです。

要はブログを始めたのです。

 

起業が、以前のクソつまらん大学生活を激変してくれた
理由なんかを話していこうと思います。

 

大学がつまらない理由その1

まず、一番の要因は授業です。

僕が受験生のころ、FXとかに興味があったので、
どこでもいいから経済学部に入りたいと思っていました。

そして、実際に経済学部に入ったのですが、
授業内容は期待外れでした。

 

おそらく、たいていの大学生は授業内容のつまらなさに
がっくりしていると思います。

「いやいや、こんなの参考書読めばすぐわかるやん。
わざわざ90分もやる意味ないよなぁ。」

こんな感じです。

(実際に参考書も読んでいないのに思ってました。
ちょっと反省するべきかもしれないです。)

 

そこで、暇を極めた授業中のお助けアイテムが携帯です。

ずっといじってました。

 

暇があれば、ゲームをしたり、ネットサーフィンをしたり。

ほぼ、無意識のうちに携帯に手が伸びます。

最終的に寝てしまいます。

本当につまらない時間です。

 

 

大学がつまらない理由その2

2つ目はサークルです。

サークルといっても新歓に行っただけです。

新入生歓迎会です。

 

僕の場合は当然コミュ障なので、友達もできません。

一応何人かとはしゃべったのですが、当たり障りのないことをしゃべって終わりです。

 

結局、サークルに入ることを辞めてしまいました。

大学はサークルが一番楽しい場所と聞いていましたが、
結局、僕にはその楽しさが見出せませんでした。

 

大学がつまらない理由その3

その3は友達が少ないということです。

僕は、先ほども言いましたようにコミュ障でしたし、
サークルにも入らなかったので、友達がほとんどいません。

 

友達がほとんどいないし、
友達といってもちょっとだけ会話する程度です。

ですので、授業が終わって、みんなが、

「昼休みだー!」

って言っているなか、僕は一緒に昼食を食べる友達がいません。

そして、僕はどうしたかというと図書館に逃げ込みました。

 

図書館は1席ごとに仕切りがあるので1人でもへっちゃらです。

じゃあ昼食はどうしたか。

僕は食べませんでした。

1日2食生活が始まったのです。

その結果、こんな記事ができました。笑

1日2食にしたら、作業効率が異常に上がった話

 

大学って最初のきっかけを逃すと、高確率でぼっちです。

もし、高校生の方で、大学で友達が欲しいのなら、
早めに作ることをおすすめしますよ。

 

高校の時は、部活もあってクラスもあるので、
友達はいましたが、大学はほぼゼロです。

そして、結局ほとんどの時間を1人で過ごすことが基本となりました。

これも、大学が楽しくない原因かもしれません。

 

大学がつまらない理由その4

その4は将来の夢がないということです。

僕は、経済学部なので、とりあえず銀行員とかになるのかなぁ。

とか、適当なことしか思っていませんでした。

 

もし、本気で銀行員になりたいと思っていれば、
それでも、大学生活は充実していたとおもいます。

けど違うのです。

本気で銀行員になりたいわけではないのです。

 

授業も楽しくないし、

「結局、将来どうなるんだろう。」

という不安までついてくるという。

もう最悪です。

楽しくないだけでなく、不安もつきまとってくるのです。

 

大学がつまらない理由その5

最後ですが、その5はバイトです。

大学が楽しくないから、せめてバイトで友達を作ろうという、
かなり安易な考えでバイトを始めました。

もちろん、お金を稼ぐことが一番の目的でしたが。

そんななかで、バイトをするのですが、
バイトの面接は衝撃的でした。

詳しいことは僕のプロフィールにも書いてあるので、
良ければご覧ください。

たけやんのプロフィール

 

一応、バイトの面接は受かりましたが、特に楽しくありません。

僕は、飲食店でバイトをしたのですが、

ひたすた皿を洗ったり、ひたすらグラム測りとにらめっこしたり。

とにかく、単純労働です。

まぁ、バイトというのはこれが当たり前なのかもしれません。

 

だって、働いたこともない学生を雇うわけですから、
誰にでもできる仕事をさせます。

 

お金のためだけに働きます。

特に楽しさなんて見出すことはできません。

やりがいを感じるのは1回目だけです。

2回目からは、

「また前と同じ作業の繰り返しか。」

というように。

 

その作業に慣れてしまえば、時間ばかりを気にして、

「早く終わらないかなぁ。」

と、そんなことばかりを考えていました。

苦痛でしかありません。

 

ある日、大学ぼっちが楽しみを見出した

ネットサーフィンをしていた時に、ふと出会ったのがネットビジネスでした。

ネットを使えば誰でも起業ができると知りました。

 

「まじか、こんな平凡な俺でもできるのか。」

 

もちろん、起業する際はスキルは一切ありません。

お金もありません。

才能もありません。

もちろん、コミュ障なので人脈も。

 

このまま平凡な大学生活を送って、
望んでもいない社会人なんてなりたくなかったので、
とりあえずやってみることにしました。

 

それがまさか、人生を変えるターニングポイントになるとは
その時は、思いもよりませんでした。

 

起業して変えてくれた世界

僕は、大学ぼっちだったにもかかわらず、
起業したことによって、僕は激変しました。

もちろん、いい意味で。

今まで、夢もないつまらない生活だったのが、
やりたいことが見つかってからはいきいきしていました。

 

ビジネスの勉強も1人で始めて、
見える世界も変化していきました。

・学生で月収100万円を達成してしまう人。

・20代にしてお金のために働く必要がなくなった人。

・たった1人で億を稼いでしまう人。

 

ぼっちでつまらない生活をしていたにもかかわらず、
このような人たちがいる世界に来てしまったのです。

しかも、当たり前かのようにごろごろいます。笑

 

いやぁ、とんでもない世界に来てしまったなと思います。

けれど、特別なことをしたわけではありません。

ただ単に、ブログを始めただけです。

それでも起業はできるのです。

 

起業してから、僕は変わることができたのです。

僕が思うに、別に稼ぐ稼げないの問題ではないと思います。

もちろん、稼げるに越したことはありません。

でも、それだけじゃないということです。

 

そもそも、起業をするということ自体が自信になります。

大学では、存在感ほぼゼロだったにもかかわらず、
自分の力で起業して力を試すことができる場所を見つけたのです。

もちろん、最初から成功したわけではありません。

時には挫折もしました。

 

けれど、そうやって試行錯誤していくうちに、
だんだんわかってくるようになるのです。

自分が成長していく瞬間を体感できるのです。

勉強をして、努力をすればするほど
自分の収入として返ってきます。

 

大学のつまらない授業とはワケが違います。

僕は、ビジネスに関する勉強をするときは楽しいです。

 

起業といっても、僕のようなぼっちでもできるし、
お金もほとんどかかりません。

本当に、起業するということに出会っていなかったら、
今もぼっちのつまらない大学生活だったと思います。

そうならずに、起業に出会えたのは、本当にラッキーでした。

 

僕がどうやって起業して、
何をやっていくかなどは、メルマガでのちのち話していくので、
よかったら見てみてください。

もちろん、無料です。

 

僕と同じように、大学ぼっちの人に少しでも勇気を与えられたら嬉しいです。

メルマガは下の画像をクリックしてくれれば、詳細を見れますよ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は、19歳の時から起業して、ビジネスを始めました。

ビジネスを始めるまでは、何の夢も目標もないただの学生でした。
さらに、家に引きこもりがちで、完全にコミュ障でした。

しかし、ネットビジネスを始めて、人生が180度変わりました。

けれど、昔の僕は才能ゼロ、スキルゼロ、人脈ゼロでした。
まさに何もないところからの出発です。

そんな僕でもネットビジネスを始めて人生を変えることができました。

つまり、やるかやらないかなんです。

やればやるだけ自信がつきますし、やらなければ未だに夢も目標もない人だったと思います。

そんな僕のメルマガでは、初心者でもネットビジネスを始めて稼げるようになる方法を伝授していきます。

無料ですので、興味がある方はぜひ下記のリンクから、登録してみてください。

▽下の画像をクリックしてダウンロードできます。
⇒クリックして詳細を見る。

コメントを残す